腎臓病の治療で大事なクレアチニンを下げる食事を知る為の情報が欲しいのなら、クレアチニンを下げる食事についてご案内しているこちらのWEBページを覗いてみてください。誰も把握していなかったクレアチニンを下げる食事の情報を、どんな専門サイトよりもはっきりと把握することができると思われます。

尿検査で尿タンパク、血液検査でクレアチニンの数値を検査

尿検査で尿タンパク、血液検査でクレアチニンの数値を検査

人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。

糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質の場合分離されれば7〜8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に腎臓に負荷が及びます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。

体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日換算で約30g〜40gです。

カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類は小さめに切ってから水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、食材の品目や調理時の形状・水の量・処理時間によっても異なります。

ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。

小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。腎臓病では 糸球体がおかされるために普段通りに血液が通わなくなり、ナトリウムや水分が体外へ排出しづらくなります。加えて尿と共に排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内に居座りつづけるようになります。

こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症を発生させる要因となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く恐れがあります。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しい食事療法の元一定量を維持することが必要となります。

浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分のみでなく水分の調整も求められます。

制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品中に含まれる全ての水分が該当します。

浮腫自体が無い又は軽度の場合は制限を設ける項目は塩分だけになります。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量により医師が判断します。

脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なのできちんと医師の診察の元制限を施すようにしましょう。肉・魚・卵・豆腐に関しては中々のたんぱく質が含まれていますし、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。

甘い食べ物の場合でも意外な事に多量のたんぱく質が入っています。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。

例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個相当のたんぱく質が入っています。

腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病の進行を遅らせることと、健康状態の維持になります。

透析が必要無い保存期の間は、食事療法によって腎不全が進行しないようにできますし、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。また、透析導入後も、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は必須なのです。

食事によって獲得したたんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。

血液は腎臓中で分解されて、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。

たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に与える負荷が増してしまいます。

腎機能を保つためにも、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。

とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、一定値は摂取しないといけません。

クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓でろ過されたあと尿と合わせて体外へ排出されます。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。

ですから、比較的に女性よりも男性の方が高めの値が出るのです。

筋肉の量が低下すれば、当然クレアチニンの数値も下がります。

また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニンの度量が多くなるため、平常時に比べてクレアチニンの値が下がっていきます。腎臓病と格闘する方に有用な、低たんぱくの特殊食品があります。

食事管理を続けていく上でこうした食品は不可欠でしょう。

腎臓の機能が落ちていく程、現状以上に細かに食事を制限しないといけません。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー量にも制限が生じます。

独断で食事プランを立てずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。腎臓病を患っていても食事療法が的確ならば、からだの中に老廃物(毒素)がたまりません。

老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、腎臓病の悪化を極力抑える事ができるのです。

優れた効き目が出た際には、腎臓病が進行しなくなったと言ってもいい程遅らせられたりするのです。

食事療法は難しいと思われがちですが、決して制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法は、患者が自ら意欲的に関わることのできる最も効果的な治療法と言えます。

関連記事

Copyright (c) 2014 腎臓病はクレアチニンを下げるための食事からはじめるのが適切 All rights reserved.