腎臓病の治療で大事なクレアチニンを下げる食事を知る為の情報が欲しいのなら、クレアチニンを下げる食事についてご案内しているこちらのWEBページを覗いてみてください。誰も把握していなかったクレアチニンを下げる食事の情報を、どんな専門サイトよりもはっきりと把握することができると思われます。

クレアチニンクリアランスの値は糸球体がろ過する原尿の量とほぼ一致する

クレアチニンクリアランスの値は糸球体がろ過する原尿の量とほぼ一致する

腎臓病でお困りの方に適した、たんぱく質の控えめな調整食が存在します。これらを上手に活用するのが長続きのコツです。腎臓の機能が落ちていく程、より厳正に食事を徹底しないとなりません。

この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー制限が加わります。

個人の見解で判断するのではなく、医師や栄養士の指導を受けて決めるようにしましょう。食事を元にして得たたんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。

血液は腎臓でろ過され、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を保つためにも、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、適量は摂り入れるようにしましょう。腎臓病を患っていても食事療法が的確ならば、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。

老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、腎臓病の進行具合を遅くする事が可能になります。

非常にうまくいくと、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせられるケースもあったりします。

食事療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではありません。

食事療法と言うのは、患者が自主的に実行できる一番の治療行為です。

カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。

茹でる事で無くせるカリウムの値は、その種類や調理するときの形状・水の量・処理時間によっても異なります。

ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。

小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。腎臓病における食事療法の意味合いは、腎臓病の悪化を食い止める事と、健康体のキープとされます。透析の要らない保存期のうちは、食事療法によって腎不全の進行ペースを抑えられ、透析を始める時期を遅くしていけます。

更に言えば、透析開始後も、できる限り健康体で透析をするために、食事療法は非常に重要な治療法です。

クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質を元に作られる老廃物であり、腎臓に届いて分離が行われた末に尿と一緒に体外へ出されます。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。

そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が少なくなれば、当然クレアチニンの数値も下がります。

また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニン量が増加するので、普段よりクレアチニンの値は減少します。腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので血液の濾過作用がうまくおこなわれず、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。

加えて尿と共に排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内に居座りつづけるようになります。

結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。なのできちんと食事療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量摂り続ける必要があります。

肉や魚その他卵や豆腐は結構な量のたんぱく質があり、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘い食べ物の場合でも意外な事にたんぱく質が多く入っているのです。お菓子は製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、たんぱく質の過剰摂取になります。

例えば、ショートケーキひとつには卵1個に近いたんぱく質が内包されています。

浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分のみでなく水分の調整も求められます。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品自体が持つ全ての水分と考えます。

浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら制限が必要になるのは塩分のみです。

こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。

脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。

体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7〜8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に多少なりに腎臓に負荷が生じます。

それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。

健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日換算で約30g〜40gです。

関連記事

Copyright (c) 2014 腎臓病はクレアチニンを下げるための食事からはじめるのが適切 All rights reserved.