腎臓病の治療で大事なクレアチニンを下げる食事を知る為の情報が欲しいのなら、クレアチニンを下げる食事についてご案内しているこちらのWEBページを覗いてみてください。誰も把握していなかったクレアチニンを下げる食事の情報を、どんな専門サイトよりもはっきりと把握することができると思われます。

クレアチニンが腎機能をみる指標となっています

クレアチニンが腎機能をみる指標となっています

クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓内で分解された末尿と合わせて体外へ除去される成分です。

クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。

ですから、比較的に女性よりも男性の方が高めの値が出るのです。筋肉量が落ちてくると、当然クレアチニンの数値も下がります。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニンの量が高まるため、通常よりもクレアチニン値は少なくなります。腎臓病と格闘する方に有用な、低たんぱくの特殊食品があります。これらを上手に活用するのが長続きのコツです。

腎臓機能が悪化すれば、今以上に考えて食事を管理する必要があります。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー制限も求められます。

自己の判断で適当に献立を決めずに、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。

腎臓病に罹っても食事療法を厳守すれば、余分な毒素や老廃物を追い出しやすい体質に変わります。

老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の悪化のペースを遅くできます。非常にうまくいくと、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせる事が可能なのです。

食事療法は難しいと思われがちですが、決して制限の内容が難しいと言う事ではありません。

食事療法は、患者自身が自ら積極的に手掛けられる最善の治療方法です。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。

体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質は分解されると7〜8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負荷が及びます。

そのため、たんぱく質の制限が必要となります。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分で現すと30〜40g程になります。食事をして摂り入れたたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓中で分解されて、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を保つためにも、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。

しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、一定値は摂取しないといけません。

浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。この際の制限の定義としては、飲み水の他、食品中における全水分が相当します。

浮腫自体が無い又は軽度の場合は塩分制限だけになります。

この場合の水分制限は病気の状態や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので自分勝手な制限はしてはいけません。腎臓病の食事療法の目的は、なるべく腎臓病を悪化させない事と、健康体のキープとされます。

透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法を元に腎不全の進行をスローペースにし、透析導入を遅らせることができます。

更に言えば、透析開始後も、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は非常に重要な治療法です。腎臓病を発症すると糸球体に影響が出て血流が悪くなり、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、体内に増えてきます。

こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く恐れがあります。ですから適正な食事療法を行い、水分・塩分・蛋白質・エネルギーについて一定値常にキープする事が入り用なのです。水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。

茹でた場合に除去できるカリウム量は、食材の品目や調理時の形状・水量・所要時間により相違します。

一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。

小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できます。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎないように工夫する必要があります。

甘いものには意外に沢山のたんぱく質が含まれているのです。

お菓子は製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。

例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個程のたんぱく質が含有されています。

関連記事

Copyright (c) 2014 腎臓病はクレアチニンを下げるための食事からはじめるのが適切 All rights reserved.