腎臓病の治療で大事なクレアチニンを下げる食事を知る為の情報が欲しいのなら、クレアチニンを下げる食事についてご案内しているこちらのWEBページを覗いてみてください。誰も把握していなかったクレアチニンを下げる食事の情報を、どんな専門サイトよりもはっきりと把握することができると思われます。

血液に含有されるクレアチニンは腎臓でろ過されて尿として排出される

血液に含有されるクレアチニンは腎臓でろ過されて尿として排出される

人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質の場合分離されれば7〜8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に腎臓に負担がかかります。

そのため、たんぱく質の制限が必要となります。

体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分に変換した場合30〜40gとなります。徹底した食事療法を手掛ければ腎臓病に罹っていても、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。

老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の悪化を極力抑える事ができるのです。そうとう上手くいった場合、腎臓病の進行が止まったと言っていい程遅らせられるようになります。食事療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。

食事療法は、患者自身が自ら積極的に実行できる一番の治療行為です。

カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、食材の品目や調理時の水量・形状・処理時間次第で変動します。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。

食事をして摂り入れたたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。

血液は腎臓中で分解されて、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。

たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を保つためにも、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。

とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、一定値は摂取しないといけません。

浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分に加えて水分の調整も必要になります。

こうした際の制限は、飲料水に限らず、食品中における全水分が相当します。

浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら塩分制限だけになります。

制限時の水分量に関してはあくまでも現段階での病状や尿量から医師が特定します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので自身のみの判断で制限を行うのは宜しくありません。

腎臓病では 糸球体がおかされるために正常な血流が行われず、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内に増えてきます。

こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症を発生させる要因となったり、ナトリウムの増加で高血圧を併発する可能性が上がります。故に的確な食事療法を設けて、一定の水分・塩分・蛋白質・エネルギーを体内に供給し続ける事が求められます。

クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓に届いて分離が行われた末に尿中に排出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量と密接に関わってきます。

なので、通常男性の方が高めの数値になっています。

筋肉量が少なくなれば、当然クレアチニンの数値も下がります。

また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニンの量が高まるため、平常時に比べてクレアチニンの値が下がっていきます。腎臓病と格闘する方に有用な、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。

こう言った食品を適切に摂り入れる事で、そのままでは難しい食事制限が行いやすくなります。

腎臓の機能が低下するにつれ、現状以上に細かに食事を制限しないといけません。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限も伴います。食事内容は自己流で判断せずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘いものには意外に多量のたんぱく質が入っています。

お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、たんぱく質の過剰摂取になります。

例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個分と同程度のたんぱく質が含まれます。

腎臓病における食事療法の意味合いは、腎臓病を極力進行させない事と、良好な体調の存続です。透析が必要無い保存期の間は、食事療法次第で腎不全が進行しないようにできますし、透析導入を遅らせることができます。

加えて、透析を始めても、できる限り健康体で透析をするために、食事療法は大きな意味を持ちます。

関連記事

Copyright (c) 2014 腎臓病はクレアチニンを下げるための食事からはじめるのが適切 All rights reserved.