腎臓病の治療で大事なクレアチニンを下げる食事を知る為の情報が欲しいのなら、クレアチニンを下げる食事についてご案内しているこちらのWEBページを覗いてみてください。誰も把握していなかったクレアチニンを下げる食事の情報を、どんな専門サイトよりもはっきりと把握することができると思われます。

血清クレアチニン値が2r/dlを超えたら慢性腎臓病の食事療法は開始される

血清クレアチニン値が2r/dlを超えたら慢性腎臓病の食事療法は開始される

水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類は小さめに切ってから水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。

茹でる事で無くせるカリウムの値は、個々の食品や調理を行う際の形状・水の量・処理時間によっても異なります。

ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、きちんと搾る事で効果は高まります。

肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘い味付けの食べ物には思ったより沢山のたんぱく質が含まれているのです。お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。

例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個相当のたんぱく質が含まれます。

腎臓病では 糸球体がおかされるために普段通りに血液が通わなくなり、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。

重ねて尿と一緒に除外されるような老廃物まで、体内に居座りつづけるようになります。

こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症の誘因になったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く恐れがあります。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しい食事療法の元一定量を摂り続ける必要があります。

食事で摂取したたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。

血液は腎臓に流れて分離された末、残った老廃物は尿と共に体外へ出されます。

たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に悪影響を出します。

腎機能を保つためにも、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、適量は摂り入れるようにしましょう。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分に加えて水分の調整も必要になります。このような場合、飲み水だけにあらず、食品内に入っている全ての水分と捉えます。

浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば制限を設ける項目は塩分だけになります。制限を設ける水分の量に関しては病気の進行具合や尿量から医師が特定します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病を極力進行させない事と、良好な体調の存続です。

透析の要らない保存期のうちは、食事療法を手掛ける事で腎不全への進行を遅らせることができ、透析を要する時期を極力遅くできます。

加えて、透析を始めても、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、食事療法は必須なのです。

人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7〜8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負担を与えてしまいます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。

体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日換算で約30g〜40gです。クレアチニンは筋肉中に存在している物質から作り出される老廃物で、腎臓に届いて分離が行われた末に尿中に排出されます。

クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。

ですから、比較的に女性よりも男性の方が高めの値が出るのです。

筋肉の量が減れば、合わせてクレアチニンの数量も減るわけです。

加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニン量が増加するので、通常よりもクレアチニン値は少なくなります。

腎臓病の食事療法がうまくいくと、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。

老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。

かなりの精度で効力が発揮されれば、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせることが出来る場合もあります。

食事療法の難しさはけっして制限の内容ではありません。

食事療法に関しては、患者が自ら自発的に実行できる一番の治療行為です。腎臓病と格闘する方に有用な、たんぱく質の少な目な特殊食品が売られています。

こう言った食品を適切に摂り入れる事で、そのままでは難しい食事制限が行いやすくなります。腎臓の機能が低下するにつれ、より厳しく食事を調整する必要が出てきます。更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー制限も伴います。

食事内容は自己流で判断せずに、きちんとした知識を持つ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。

関連記事

Copyright (c) 2014 腎臓病はクレアチニンを下げるための食事からはじめるのが適切 All rights reserved.